まちづくりの軌跡

bar_logo

bar1

  • 特定不妊治療の助成対象を拡大、不育症治療費の助成を開始(府内初)
  • 妊婦健診費用の助成を拡充(総額12万円に)
  • 医療費助成を拡充(入院・通院とも中学校卒業まで、所得制限の撤廃)
  • 保育所の待機児童ゼロを達成(保育所・こども園の定員625名増)
  • 学童保育室の開室時間を午後7時まで延長
  • 小学校の全学年で平均30人以下の学級を実現(35人学級の実施)
  • 市立中学校全校で給食を開始

bar2

  • 「ますます元気!健幸ポイント事業」を開始
  • ひとり暮らし高齢者等の支援を拡充(配食サービスの充実、救急医療情報キットの配布、熱感知センサーの設置)
  • 市民プールの高齢者半額割引を開始(250円に)
  • 「高槻アクティブシニア応援ビジョン」を策定

高槻シティ国際ハーフマラソン
高槻シティハーフマラソン

bar3

  • 市内全域で防災訓練を実施(本市初)
  • 小中学校の校舎など、公共施設の耐震化を推進
  • 市民の防災活動を支援(コミュニティの「地区防災会」結成支援など)

高槻市全域大防災訓練
高槻市全域大防災訓練

bar4

  • 新名神高速道路の開通に向けての関連道路の整備を促進
  • 京大農場跡を緑あふれる防災公園として整備(平成31年度開園予定)
  • 服部図書館を開設(行政サービスコーナーを併設)
  • パスポートセンターを開設(年間1万人が利用、市設置は関西初)
  • JR高槻駅のホーム拡充を具体化(平成28年春完成予定)
  • 農林業振興ビジョンを改訂
  • 商工会議所とのパートナーシップを強化し、産業を活性化

bar5

  • 着実な行財政改革に取り組み、健全財政を維持(市の貯金は36億円増加、借金は18億円減少)

市制施行70周年・中核市移行10周年記念式典
市制施行70周年・中核市移行10周年記念式典

image